ペットショップにいくまえに 絵と文 どいかや ペットショップに行く前に読んでほしい絵本!

はじめに絵本ダウンロードペットの現状自治体・ボランティア連絡先
ニュース&トピックス(展覧会情報/寄付のご報告)「ペットショップにいくまえに」展のご案内
ペットショップにいくまえに関連商品・お取扱い店

@pet_ikumaeさんをフォロー   ツイート

はじめに

「ペットショップにいくまえに」絵本  「ペットショップにいくまえに」は、
誰かが犬や猫を新しく家族に迎えたいと思ったとき、お金で買うというのではなく、飼い主のいない動物をもらい受ける、ということが当たり前の世の中になってほしい、そんな思いをこめて作ったフリーペーパーです。
 また、各地の自治体や、保護活動をしているボランティアの情報を集めて、みなさんの参考にしていただけたら、と考えています。一匹でも多くのわん&ねこちゃんが、幸せになることを心から願って。
どいかや 


「ペットショップにいくまえに」をダウンロードする(pdf)








↓両面印刷する場合は、4面付のページをプリントしてお使い下さい。

p1-8-4-5
ダウンロード

p2-3-6-7
ダウンロード

「ペットショップにいくまえに」は、複製・配布自由です。
自由にコピーしてお友達や、イベント等で、配っていただけたらうれしいです。
また、保護活動されているボランティア団体さんが配布してくださる際、
その連絡先や、お住まいの自治体の殺処分数のデータなど、
追加したい情報を書き加えて印刷してくださってもかまいません。

☆これと合わせて読んでいただきたいフリーペーパー
●『ネコの種類のおはなし』とりごえまり

知っていますか?日本のわんちゃんねこちゃんの現状を。年間約28万匹、1日に約700〜800匹が苦しみながら殺されています!くわしくはここをクリック!


ニュースとトピックス



これまでに開催した展覧会と寄付金のご報告
2011-20132014201520162017 | 2018

»ペットショップにいくまえに関連商品


2019年3月3日 記載

【寄付先についてご報告とお詫び/nowaki】

京都・nowakiで取りまとめている寄付金につきましてご報告です。
リンク先「nowakiブログ」をお読みください。

チャリティー展の寄付につきましてお詫びとご報告です(nowaki ブログ)




2019年3月1日 記載

【寄付先についてご報告とお詫び/ウレシカ】

福島の被災猫保護シェルター福猫舎が多頭崩壊の状態にあり、有志の方々が猫たちのレスキューに入られたという情報を先日知りました。画像で見るシェルターは猫たちを保護する環境とはとてもいえず、その惨状に絶句しました。現場で改善に向けて動いてくださっている皆さんからの発信をネット上で追うことしかできず、もどかしく申し訳ない気持ちでいっぱいです。
福猫舎の管理人さんからは毎回領収書とともに丁寧なお礼の言葉もいただき、これまでに救われた猫たちがいることも確かで…簡単に責められない思いもあります。

寄付を預かる立場として、現状を知らぬまま寄付し続けてしまったこと、お客様と作家の皆様からお預かりした大切なご寄付を、適切に手渡すことができていなかったこと、心よりお詫びいたします。ほんとうに申し訳ありません。お怒りの方もいらっしゃると思います。今後いっそう寄付先の選定に注意を払い、情報交換とともに熟考し、適切な動物保護活動への支援を続けたいと思います。

救い出された猫たちは、これから新しい家を探すため譲渡会(3/3日 たてむすびの会)に参加するそうです。猫と暮らしたいとお考えの方は譲渡会へぜひお運びください。

猫も犬も、動物たちが人間の都合で苦しい思いをしないよう、できることを考え続けます。

ウレシカ 鎌田



2018年12月26日 記載

【寄付金のご報告/ウレシカ】

集計期間:2018年1月〜12月
東京・ウレシカでの「ペットショップにいくまえに」展と関連グッズの売上、募金等をまとめた寄付金のご報告です。

《寄付金・入》
◎寄付対象商品の売上(2018年1月〜12月までを計算)
イシグロアヤコ『てんまると家族絵日記』1〜5巻
・清水直子 猫ブローチ
「ペットショップにいくまえに」ステッカー
「ハルの日」ステッカー
「七転八起」ステッカー
びんびん便箋
・PとB ポストカード
★1: 計:259,950

◎ペットショップにいくまえに展(東京・ウレシカ/2018年10月)
・作家売上より一部計上:71,976円
(柳本史 陶作品、布川愛子グッズ、どいかやマステセット、イベント参加費)
・店内設置の募金箱:72,047円
★2: 計:144,023

◎その他
・石黒亜矢子 飼い猫の似顔絵(東京・ウレシカ/2018年12月)参加費より 10,000円
・『てんまると家族絵日記』台湾版 編集デザイン印税より 40,000円
★3: 計:50,000

◎プール分(2017年12月末の集計より)
★4: 計:15,268

★1+2+3+4 = 合計:469,241円 ……☆A

《経費・出》
「ペットショップにいくまえに」フリーペーパー印刷代 16,560円
「ネコの種類のおはなし」フリーペーパー印刷代 1400円

 計:17,960円 ……☆B

☆A-B= 合計:451,281円

内 1,281円 を次期集計にプール

★今回の寄付総額:450,000

「ペットショップにいくまえに実行委員会」名義で
下記、9箇所へ、50,000円ずつ分割寄付させていただきました。

NPO法人 しっぽの会(北海道):50,000円
NPO法人 SORAアニマルシェルター(福島):50,000円
福猫舎 福島被災動物救援隊(福島):50,000円
NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワーク CAPIN(茨城):50,000円
新潟動物ネットワーク:50,000円(新潟)
ARCh アニマルレスキューちば(千葉):50,000円
一匹でも犬・ねこを救う会(長野):50,000円
NPO法人 ねこけん(東京):50,000円
NPO法人 ゴールゼロ(東京):50,000円

ペットショップにいくまえに展は今年で8回目を数えました。ウレシカでは毎年新しい作家さんに参加していただいています。草の根を広げることで、今まで関心のなかった人にも「知る」きっかけが生まることを願って、小さな展覧会を続けています。動物を思うにも様々な考え方や行動の仕方があることも知り、自分自身学びの多い展覧会です。展示参加してくださった作家の皆様、チャリティグッズご購入・販売いただいた皆様、募金箱にお志くださった皆様、お心を寄せてくださった皆様、どうもありがとうございました。
犬と猫と暮らしたいと思った時に、ペットショップに行くのではなく、保護された犬や猫を家族に迎えることを考えてみる。いま人間の手で殺されようとしている動物たちを生かすことができるかもしれない。このサイトに辿り着いた方はそんなことよくご存知だと思います。でも世の中は広くて、おかしなことに、にぎやかな繁華街で子犬や子猫を販売しているきらびやかな路面店が新しくできている。時代に逆行しているように思うのですが、どうしてなんだろう?そんなことを語り合える場として、来年も展覧会やることになると思います。どうぞよろしくお願いいたします。 (ウレシカ 鎌田)
»寄付対象商品の販売店はこちら



2018年8月19日 更新

ペットショップにいくまえに展2018・同時期開催の関連展(東京京都
*東京(URESICA)と京都(nowaki)各ギャラリーによる企画展のため、参加作家や展示内容は異なります。東西お越しの際はぜひ併せてお楽しみください。

◎東京
「ペットショップにいくまえに」展 2018
会期:9月20日(木)ー10月8日(月祝)
会期中、火曜・水曜休み open:12時ー20時
会場:URESICA(東京・西荻窪)

『ペットショップにいくまえに』展2018 【出展作家】
安藤智 ookamigocco 片桐水面 どいかや とりごえまり ハヤシミワコ
平澤一平 平澤まりこ 布川愛子 保坂優子 みやこしあきこ 柳本史
DM絵:布川愛子

犬や猫を新しく家族に迎えたいと思ったとき、お金で買うというのではなく、
飼い主のいない動物をもらい受ける、ということが当たり前の世の中になってほしい

絵本作家どいかやさん制作のフリーペーパー「ペットショップにいくまえに」主旨のもと、犬や猫をはじめとする動物に関する人間社会の問題をより多くの人に知ってもらうための展覧会です。毎年新たな作家にご賛同ご参加いただき、ウレシカでは8回目の開催となります。身近な生きものたち、動物と人との暮らし、などをテーマにした作品の展示、販売をいたします。

【イベント】
◎9/24(月祝)トークイベント
◎10/6(土)似顔絵イベント
詳細は後日、ウレシカWEBサイト、SNS等でお知らせします。

URESICA(ウレシカ)
〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-27-9
tel:03-5382-0599
»展覧会詳細はウレシカWEBサイトごご覧ください。



◎京都
「ペットショップにいくまえに 2018 object vol.2」
会期:9月14日(金)ー23日(日)
*期間中無休 open 11時ー19時
会場:nowaki(京都・三条)

nowaki展示
【出展作家】
網代幸介・石原稔久・ookamigocco・小代美穂・片桐水面・きくちちき・さとうゆうすけ・須田二郎・タカノミヤ・谷内亮太・どいかや・とりごえまり・にしおゆき・樋口佳絵・日高直子・ひろせべに・堀口尚子・山極千真沙
DM:ひろせべに

生きものを家族として迎えいれるときに、さまざまな選択肢があることを知ってほしいという願いを込めた展覧会です。今回は、土や木・布など、多様な素材と形から、動物の姿が立ちあらわれます。また壁面には絵本『とらのことらこ』(きくちちき/小学館)原画を飾らせていただきます。

*nowaki展での作品は、抽選販売という方法をとらせていただきます。
期間中、ご希望の作品にお申し込みのあった方のなかから、展示終了後抽選をいたします。
*初日から、町田尚子さんと制作しているチャリティーカレンダー(2019年度版)の販売を開始します。

nowaki
〒6068386 京都市左京区川端通仁王門下ル新丸太町49-1
tel:075-285-1595
»展覧会詳細はnowakiWEBサイトごご覧ください。



2018年6月3日 記載

【寄付金のご報告/nowaki】

集計期間:2013年〜2016年
京都・nowakiでの「ペットショップにいくまえに」展と関連イベントの商品売上、募金等をまとめた寄付金のご報告です。

2013〜2016年度のペットショップにいくまえに展寄付金
作品販売売上の10%
+さとうゆうすけさんより作家売上より一部寄付
計:156,528円

こちらに加えて、
・loosen up 寺西恵子さんより、ハチワレエプロンの売上金一部
・猫馬鹿作家之会グッズ売上金
・ぶさねこカレンダー2017の売上金(全額)
計:89,800円

以上の金額を合わせまして、
合計:246,328
がこれまでの寄付金合計となります。

こちらから、これまでに下記の寄付先に3万円ずつを寄付させていただきました。
振込手数料はnowakiで負担いたしました。
猫馬鹿作家之会と、ぶさねこ堂カレンダーの売上に少し足した分を、福島の保護団体への寄付にして、他を関西の団体への寄付にしました。
また、熊本震災等をみて、一般財団法人ペット災害対策推進協会にも寄付をさせていただきました。

★今回の寄付総額:240,000

福島の動物愛護団体さま
にゃんだーガード:30,000円
SORAアニマルシェルター:30,000円
福猫舎:30,000円

関西の動物愛護団体さま
アニマルレフュージ関西:30,000円
大波の会:30,000円
神戸猫ネット:30,000円
京都動物愛護センター:30,000円

災害対策への寄付
一般財団法人ペット災害対策推進協会:30,000円

残額:6,328円(プール)

こちらに、2017年度の売上10%+町田尚子さんと作成したnowaki謹製チャリティーカレンダー売上を足した分をさらに寄付にまわします。
こちら今、精算+寄付先探しを継続していますので、また改めてご報告いたします。

またこの他に、nowakiでは手拭いの卸をする際に、その場所でチャリティー企画が行われている場合は、売上の一部(手拭い1枚の販売につき100円)を寄付としてお願いしてきました。
これまで、
・URESICAさま(寄付額:4,000円)
・ギャラリーエフさま(寄付額:4,900円)
・gallery paw padさま(寄付額:2,000円)
に寄付をすることが出来ました。
寄付先はそれぞれの会場様にお任せしております。
些少ですが、今後もこちらは機会がありましたら、継続的に行いたいと思います。

ご参加いただく作家の皆様、ご来場いただき応援してくださるお客様のお陰さまで、寄付が成り立っております。本当にありがとうございます。
今年は9月にチャリティーカレンダーを制作して、ペットショップにいくまえに展の期間中に販売出来るように、準備をすすめます。今後も継続して、活動していきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

nowaki 菊池美奈




これまでに開催した展覧会と寄付金のご報告
2011-20132014201520162017 | 2018


ニュースとトピックス


ページトップへ